nanom - フロンティアカーボン株式会社

Home > フラーレンの紹介

フラーレンの紹介

フラーレンの紹介

フラーレンは炭素原子が球状のネットワーク構造を成している化合物の総称。C60はフラーレンの代表例であり、 60個の炭素原子が12個の五員環と20個の六員環を構成し、サッカーボール状の3次元中空分子となったもの。建築家のバックミンスター・フラーが建設したドームの構造に似ていたのでフラーレンと名付けられました。

ダイヤモンドや黒鉛と同様に炭素の同素体ですが、C60やC70などを溶媒に溶かして分離すれば、それぞれを単一化合物として取り出せる点が、他の炭素同素体と異なります。C60の分子直径(炭素骨格)は0.71nmです。

歴史 予言と発見、そして展開

1970年:
大澤映二がC60存在の可能性を理論的に予言。
1985年:
クロトー、スモーリー、カールが星間物質同定を目的として黒鉛のレーザー蒸発クラスター分子線実験を行い、その質量分析からC60を発見。
1990年:
クレッチマー、ハフマンが抵抗加熱法により、C60の実験室レベルの大量生成および単離同定に成功。
生成法はさらにアーク放電法として改良され、化学的性質の研究が世界各地で急速に進みはじめた。
1992年:
米国ATTベル研究所がK3C60が臨界温度15Kの超伝導体であることを発見。 その後、
1996年:
クロトー、スモーリー、 カールがフラーレンの発見によりノーベル化学賞を受賞。
2003年:
FCC社によるフラーレンの工業生産開始。